温度差に体がついて行けない

今年は、猛暑というよりも、暑い日が長い期間続いたといった表現が合うように思います。猛暑といったら、昨年の方がふさわしいのではないでしょうか。そんな夏から秋にかけての今の季節、毎回風邪をこじらせたり、体調を崩してしまうという方も多くみられるようです。私も、どいらかといえばこのタイプで、温度差に体が上手くついていきません。これは体調だけではなく、お肌にも直接影響してきます。どうしても避けられないのが、肌荒れです。ここで、肌荒れの基礎知識をみていきましょう。肌荒れの基礎知識として定番なのが、睡眠時間です。お肌のゴールデンタイムと言われる、夜の十時から夜中の二時までは、しっかり寝ることが鍵のようです。この時間帯は、通常昼間に活動している脳内ホルモンとは違うタイプのホルモンが分泌されると良いと言われています。全身をリラックス状態に保ち、身体や細胞の成長に必要なホルモン焼分泌を促すことが、美肌には役立ってくれるのでしょう。また、口にするものも気をつけてみるのがいいようです。人は、何を食べたかで肌も変わったりします。ファーストフードや脂質の多い食べ物ばかりを選んでいると、吹き出物や油脂性の強い肌質に変化していくことでしょう。そして女性は、生理周期によっても肌状態が違ってきます。正常な生理周期は、健康な証なのです。これらの肌荒れの基礎知識をわきまえているだけで、美肌の近道になるかと思います。素敵な肌美人を目指しましょう。